にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的

にきび跡のケアが独力ではできない場合は、皮膚科などでレーザー施術をうけるといいでしょう。にきび跡といってもどんな症状かは色々で、クレーターのように穴ができたり、シミや色素沈着が残ってしまったりします。数あるにきび跡の中でも、最も目立つのがクレーターと呼ばれるにきび跡です。皮膚のなめらかさが失われ、柑橘類の皮のようにごわごわした状態になるものがクレーター肌です。皮膚に凹凸ができるためファンデーションがのカムフラージュが難しく、自然回復もなかなか進みません。皮膚科でにきび跡クレーターを診断してもらい、しかるべき治療を受けることが有効な対策です。肌は、表面にある表皮だけでなく、深い層にある真皮までダメージを受けると元に戻りません。お肌の表面は常に新しい肌細胞がつくられているのですが、皮膚の奥まで損傷を受けると、新しい細胞がつくられないためです。クレーターの治療方法は、フォトフェイシャル、レーザー治療、ケミカルピーリングなどが代表的なものです。にきび跡にレーザーを照射することで、クレーター部分の回復を促します。レーザーの光は深い場所まで届くので、新たな細胞がつくられやすくなります。にきび跡がクレーターになってしまった場所でも、レーザーを用いた治療でコラーゲンの生成機能を高めることで、肌の修復を行うことができます。